• ホーム
  • 高血圧治療薬のアダラート(ニフェジピン)

高血圧治療薬のアダラート(ニフェジピン)

アダラートとは、ニフェジピンという成分を主成分とする血圧を下げる働きを持つ薬です。
主に高血圧や狭心症などの治療に用いられています。
ニフェジピンには心臓や血管を広げて血流を良くし、血圧を下げる作用があります。
また、心臓の収縮を抑えてくれるので、心臓を休ませる働きも持っています。

高血圧の治療には複数の種類があり、それぞれ作用機序が異なっています。
血圧の状態や持病などにより、医師がその人に適した薬を選択したり幾つかの薬を併用したりします。

アダラートはその中でも、カルシウム拮抗薬という種類に分類される薬です。
人の血管は平滑筋という筋肉で出来ており、平滑筋が縮むと血管は収縮して血圧が上がります。
その反対に平滑筋が緩むと血管が広がり血圧は下がる仕組みになっています。
平滑筋の細胞にカルシウムイオンが侵入するとカルシウムイオンの濃度が高くなり、平滑筋が縮んで血圧は上がります。
カルシウム拮抗薬は平滑筋の細胞にカルシウムが侵入するのを防ぐ働きがあり、それによって血圧を下げることができます。
アダラートのようなカルシウム拮抗薬は、複数ある降圧薬の中でも効き目が良いと言われています。
安定的に作用して、効果の持続性もあります。

アダラートは安全性も高いため、高血圧の治療では第一選択薬として利用されています。
それからアダラートには、脳・腎臓・手・足・網膜など体全体の血流を良くする効果があります。
そのため様々な疾患に対して用いられています。

アダラートを服用しても尿酸や血糖、脂質などに影響を与えることはないため、幅広い人に使用することができます。
特にアダラートは、高齢の人に適しています。
アダラートは安全性が高いと言われているものの、ほてり・頭痛・めまい・ふらつき・立ちくらみ・動悸といった副作用が現れることもあります。
高齢者の場合には副作用が出やすいので、少量から始めて量をコントロールすることが重要になります。

アダラートがグレープフルーツと併用できない理由

アダラートは、グレープフルーツと併用することはできません。
なぜかというと、グレープフルーツにはフラノクマリン類という天然のフラボノイドが含まれているからです。
アダラートに含まれる薬の成分の一部は通常、肝臓の酵素によって体の外へと代謝されています。

しかし、フラノクマリン類にはこの代謝を阻害する作用があるので、薬の成分が長く体内に留まってしまうのです。
すると、薬の効き目が強く出すぎてしまい、血圧が必要以上に下がりすぎたり副作用が強く出たりすることがあります。
そのためアダラートを服用している際には、グレープフルーツは避けなければいけません。

アダラートに重い副作用が出ることは滅多にありませんが、過度の血圧低下によって嘔吐やめまいが引き起こされることがあります。
場合によっては気を失うなど意識障害が起こることもあるので注意が必要です。
それから発熱したり全身に倦怠感を感じたり、唇や口内がただれる、皮膚が水ぶくれを起すといった皮膚・粘膜障害なども現れることがあります。

また一緒に飲むのを控えるだけではなく、アダラートを服用するしばらく前からグレープフルーツは控える必要があります。
グレープフルーツによる影響は、十数時間も続くことが分かっているからです。
グレープフルーツ以外の柑橘類には、同様の物質が含まれているものもあります。
グレープフルーツとブンタンをかけ合わせて生まれたスウィーティーや夏みかんなどです。
グレープフルーツはアダラートと服用できないと知っていても、スウィーティーは知られていないこともあるので気を付ける必要があります。
同じ柑橘類でもオレンジや温州みかん、レモン、かぼすなどには含まれていません。
そのためオレンジジュースなどは併用しても大丈夫です。

関連記事
人気記事一覧