• ホーム
  • 高血圧治療のミカルディスに副作用はある?

高血圧治療のミカルディスに副作用はある?

高血圧症などの人のために作られた、血圧を下げる薬の1つ、ミカルディス、別名テルミサルタンを知っていますか。
ミカルディスは、血圧を上げる作用のあるアンジオテンシンIIという物質を抑制する働きがあります。
アンジオテンシンIIが抑制されることで血管が広がり、さらに電解物質や水分が調節されることで血圧が下がるという仕組みになっているのです。
また、腎臓や心臓にかかる負担を軽減するというメリットもあります。

そんなミカルディスですが、副作用はあるのでしょうか。
基本的に、高血圧症以外に悪い所がなければ副作用はほとんど出ることがありません。
しかし人によって、または飲み合わせなどの併用するものによっては副作用が出ることも考えられます。
アレルギーや持病がある人、妊娠している人、現在服用している薬がある人は、診察の際に医師に伝えておくと良いかもしれません。

では、具体的にどのような人に副作用が出やすいのでしょうか。
例えば、虚血性の腎臓病や重い肝臓病、または高カリウム血症を持っている人は注意が必要です。
場合によっては病状を考慮して、ミカルディスの服用ができないこともあります。
また、糖尿病を持っている人も気をつけなければなりません。
糖尿病の人はミカルディスだけの服用なら可能ですが、他に高血圧症の薬を服用している場合は併用することができません。
さらに血液透析を受けていたり、利尿剤を服用している人、高齢の人も服用を控える方が安心です。
高齢の人はミカルディスを服用することで低血圧になりすぎてしまう可能性があります。

注意する人は上記の通りですが、どのような副作用が出るのでしょうか。
副作用の出方には個人差があり、健康な人でもミカルディスの服用当初に自覚症状を感じることがあります。
症状としては頭痛や体のだるさが挙げられます。
しかしこのような症状は、薬が体に慣れていないために起こるもので、服用を続けていくうちになくなることが多いでしょう。
しかし薬が効きすぎてしまうと、これらよりも重い症状が現れるので注意してください。
例えば全身に発疹が出たり立ちくらみが起こるといったものです。
このような重い症状が現れたときにはすぐに医師に相談するようにしましょう。

ミカルディス服用時の注意点と併用禁忌

ミカルディスには、基本的に併用禁忌となる薬はありません。
しかし服用するに当たって注意すべきことや、服用禁忌となる人がいます。

ミカルディスを服用時の注意点

まず注意すべきことから見ていきましょう。
ミカルディスを服用しているときは、高い所での作業や車の運転は避けるようにしてください。
薬の血圧を下げる作用によって血圧が下がりすぎてしまい、ふらつきやめまいを感じることがあるからです。
また、手術の予定がある人も服用を控える方が安心でしょう。
手術で麻酔を行うことで、血圧が下がりすぎてしまうことがあるのです。
そして服用するタイミングも重要なポイントです。
ミカルディスを服用する時として食後が指定されている場合があります。
そのときには必ず食後に服用することを守りましょう。
空腹時に服用すると血中の濃度が高まり、副作用が出やすくなってしまいます。
副作用のリスクを減らすためにも食後に服用することが大切です。

ミカルディスと併用禁忌

服用を控えたり、注意しなければならない人もいますが、実はミカルディスを禁忌とする人もいるのです。
では、服用禁忌となる人はどのような人なのでしょうか。
まずミカルディスに含まれている成分にアレルギー反応を起こす人が挙げられます。
これには個人差があり、体質に合わない人もいるのです。
服用し始めて感じる症状があれば医師に相談してみましょう。
また、既に妊娠している人も服用を避けてください。
なぜなら胎児が死亡したり、奇形児として生まれてくるなどの悪影響が出る可能性があるからです。
さらに胆汁の分泌に異常があったり、重い肝障害がある人も服用してはいけません。
このような人は服用することで血圧が下がりすぎてしまうので危険なのです。
以上の人は診察の際に、必ず自分の状況を伝えるようにしてください。

関連記事